Google Chrome の “ マテリアルデザイン ” を無効化し、以前の見た目を取り戻す

Pocket

Google Chrome では、バージョン 53 から “ マテリアルデザイン ” というフラットでシンプルなデザインが採用され、パフォーマンスの改善が行われたようです。

ただ、

  • ツールバーボタンをはじめ、全体的に立体感がなくなった
  • ページ内検索バーが、短く太くなったりした

ため、“ 以前の方が良かったかも… ” と感じている人もいるかと思います。
(もちろん、気に入っている人もいると思います)

マテリアルデザイン

マテリアルデザイン

以前のデザイン

以前のデザイン


このページでは、そんな Google Chrome の “ マテリアルデザイン ” を無効化し、以前の見た目を取り戻す方法を紹介します※1
※1 このページの内容は、とても古くなっています。
Google Chrome 69 以降でマテリアルデザインを無効化する場合は、こちらのページ で紹介している操作を行い、「UI Layout for the browser’s top chrome」を「Normal」「Hybrid」のどちらかにしてください。

Google Chrome のマテリアルデザインを無効化する

    まず、アドレスバー上に

    chrome://flags/#top-chrome-md

    と入力して「Enter」キーを押します。

    アドレスバー上に「chrome://flags/#top-chrome-md」と入力

    アドレスバー上に「chrome://flags/#top-chrome-md」と入力

  1. 試験運用機能一覧が表示されます。
    試験運用機能一覧

    試験運用機能一覧


    そのまま、「ブラウザのトップ chrome 部分でマテリアル デザインを使用する」欄で「マテリアルを使用しない」を選択します。
    「マテリアルを使用しない」を選択

    「マテリアルを使用しない」を選択

  2. 画面左下に「今すぐ再起動」というボタンが表示されるので、これをクリック。
    画面左下の「今すぐ再起動」ボタンをクリック

    画面左下の「今すぐ再起動」ボタンをクリック

  3. Chrome が再起動し、マテリアルデザインが無効化されています。
    マテリアルデザインが無効化された

    マテリアルデザインが無効化された


    これで設定完了です。
    再度マテリアルデザインを使用したくなったら、アドレスバー上に

    chrome://flags/#top-chrome-md

    と入力して試験運用機能画面を開き、「ブラウザのトップ chrome 部分でマテリアル デザインを使用する」欄で「既定」を選択します。
    ちなみに、タブバーやツールバーが微妙に太くなった?「マテリアル ハイブリット」というスタイルもあるようです。

    マテリアル ハイブリット

    マテリアル ハイブリット

    通常のマテリアルデザイン

    通常のマテリアルデザイン

Pocket

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です