スポンサーリンク

「VLC media player」のインターフェース(ツールバーボタンの配置)をカスタマイズする方法

「VLC media player」のインターフェース(ツールバーボタンの配置)をカスタマイズする メディアプレイヤー

今日は、「VLC media player」のインターフェース(ツールバーボタンの配置)をカスタマイズする方法を紹介しようと思います。



VLC media player のツールバー(再生コントロール)内に表示するボタンは、自由に変更することができます。

あまり使わないボタンを削除したり、ボタンの配置を変更したり※1、デフォルトでは登録されていないボタンを追加したりすることで、VLC の操作性を大幅にアップさせることができます。
※1 ツールバーそのものを、画面上部に配置したりすることもできる。ツールバーは、上部に配置することもできる

配置変更はドラッグ&ドロップで簡単に行うことができ、また設定した内容をプロファイルとして保存しておくことも可能となっています。
(用途や目的別に、プロファイルを複数作成することもできる)

現在、「VLC media player」をそのままの設定で使っている人は、一度カスタマイズを試してみる価値があるかもしれません。

尚、インターフェースをカスタマイズできるのはネイティブスタイルで使用している時のみで、何らかのスキンを使用しているとカスタマイズを行うことはできません。

VLC media player のインターフェースをカスタマイズする

  1. まず、メニューバー上の「ツール」から「インターフェースのカスタマイズ」を選択します。
    メニューバー上の「ツール」から「インターフェースのカスタマイズ」を選択する

    メニューバー上の「ツール」から「インターフェースのカスタマイズ」を選択する

  2. 「ツールバーエディタ」という画面が表示されます。
    ツールバーエディタ

    ツールバーエディタ

    この画面の上部に表示されている各種ボタンが、実際のツールバー上に配置されているボタンになります※2
    ※2 「ライン 2」がメインツールバーのようなもので、「ライン 1」は「拡張コントロール」をオンにした時のみ表示されるツールバーになる。
    「ライン 1」は、「拡張コントロール」をオンにした時のみ表示されるツールバー

    「ライン 1」は、「拡張コントロール」をオンにした時のみ表示されるツールバー

    不要なツールバーボタンがある場合は、該当のボタンを下部の「ツールバーの要素」欄にドラッグ&ドロップします。

    不要なツールバーボタンは、「ツールバーの要素」欄にドラッグ&ドロップする

    不要なツールバーボタンは、「ツールバーの要素」欄にドラッグ&ドロップする


    逆に、現在ツールバー上に登録されていないボタンや機能をツールバー上に追加したい時は、「ツールバーの要素」欄にあるアイテムを任意の場所にドラッグ&ドロップします。
    「ツールバーの要素」欄にあるアイテムを、任意の場所にドラッグ&ドロップする

    「ツールバーの要素」欄にあるアイテムを、任意の場所にドラッグ&ドロップする


    既存のツールバーボタンの配置を変更したい時は、目的のボタンを任意の場所にドラッグ&ドロップすれば OK です。
    既存のツールバーボタンを配置換えすることもできる

    既存のツールバーボタンを配置換えすることもできる


    何の機能を意味しているのか分からないボタンがある場合、該当ボタンの上にマウスカーソルを乗せると機能をポップアップで確認することができます。
    ツールバーボタンの上にマウスカーソルを乗せると、該当ボタンの機能がツールチップで表示される

    ツールバーボタンの上にマウスカーソルを乗せると、該当ボタンの機能がツールチップで表示される


    ツールバーを画面上部に配置させたい時は、上部にある「ビデオの上側」にチェックを入れておきます。
    ツールバーを画面上部に配置させたい時は、上部にある「ビデオの上側」にチェックを入れる

    ツールバーを画面上部に配置させたい時は、上部にある「ビデオの上側」にチェックを入れる

  3. 画面上部のタブを切り替えることにより、「時間ツールバー」「高度なウィジェット(拡張コントロール)」「全画面表示コントローラー」に配置するボタンをカスタマイズすることも可能となっています。
    時間ツールバー

    時間ツールバー

    高度なウィジェット(拡張コントロール)

    高度なウィジェット(拡張コントロール)

    全画面表示コントローラー

    全画面表示コントローラー


    「時間ツールバー」は、登録アイテムをすべて削除することにより、非表示化することもできたりします。
    (「時間」に関する要素は、「ライン 2」などに配置することもできる)
    「時間ツールバー」を削除し、「時間」バーを「ライン 2」に配置した

    「時間ツールバー」内の要素をすべて削除し、「時間」バーを「ライン 2」に配置した


    「高度なウィジェット」タブ内に登録したアイテムは、「拡張ボタン」として一つのセットにまとめられます。
    高度なウィジェット

    高度なウィジェット

    「高度なウィジェット」タブ内に登録したアイテムは、「拡張ボタン」として一つのセットにまとめられる

    「高度なウィジェット」タブ内に登録したアイテムは、「拡張ボタン」として一つのセットにまとめられる


    「全画面表示コントローラー」は、VLC を全画面表示にした時に表示されるツールバーのことを指しています。
    (「全画面表示コントローラー」は、マウスカーソルが画面下部にある時だけ表示される)
    全画面表示コントローラー

    全画面表示コントローラー

    ドックした全画面表示コントローラー

    ドックした全画面表示コントローラー

目次へ戻る

ツールバーボタンを、スペースやスプリッターで区切る

  1. ツールバーボタンは、スペース(空白)やスプリッター(セパレーター)で区切ることもできます。
    ツールバー上のボタンをこれらアイテムで整理したい時は、「ツールバーの要素」欄内にある

    • スペース
    • スペースを拡げる
    • スプリッター

    といったアイテムを、任意の場所にドラッグ&ドロップします。

    ツールバーボタンは、スペース(空白)やスプリッター(セパレーター)で区切ることもでき

    ツールバーボタンは、スペース(空白)やスプリッター(セパレーター)で区切ることもでき


    ちなみに、「スペース」は固定幅の空白で、「スペースを拡げる」は可変幅の空白※3 になります。
    ※3 ウインドウのサイズに応じて、幅を自動で調整するスペース。
    ツールバーボタンを、スペースやスプリッターで区切った例

    ツールバーボタンを、スペースやスプリッターで区切った例

目次へ戻る

設定内容を、プロファイルとして保存する

  1. ツールバーボタンの設定内容は、プロファイルとして保存することもできます。
    設定内容を、プロファイルとして保存しておくこともできる

    設定内容を、プロファイルとして保存しておくこともできる


    現在の設定内容をプロファイルとして保存する場合は、「ツールバーエディタ」の右上にある 新しいプロファイル ボタンをクリックします。
  2. 「プロファイル名」というダイアログが表示されるので、適当な名前を入力して「OK」ボタンをクリックします。
    保存するプロファイルの名前を入力する

    保存するプロファイルの名前を入力する

  3. プロファイルが保存されました。
    プロファイルが保存された

    プロファイルが保存された

    保存したプロファイルは、画面上部の「プロファイルの選択」欄にあるプルダウンメニューから、いつでも有効化できるようになります。
    保存したプロファイルを削除する時は、削除したいプロファイルを選択して 現在のプロファイルを削除 ボタンをクリックすれば OK です。
    プロファイルを削除することもできる

    プロファイルを削除することもできる

コメント