スポンサーリンク

Google Chrome に保存したパスワードを、エクスポート / インポート する方法

Google Chrome に保存したパスワードを、エクスポート / インポート する方法 Google Chrome

今日は、Google Chrome に保存したパスワードを CSV ファイルとしてエクスポートし、それをインポートする方法を紹介します。

Google Chrome には、保存したパスワードをエクスポート / インポート する機能が付いていますが、インポートに関しては試験運用版の機能となっているため、標準状態では使うことができません。
そこで、このページでは、試験運用版のインポート機能を有効化し、設定画面上で普通にパスワードをエクスポート / インポート できるようにする方法を紹介します。

パスワードをバックアップしておきたい時や、Chrome の環境を引っ越したい時… などに便利です。

尚、パスワードは CSV ファイルにエクスポートされるようになっていますが、CSV 内にそのまま平文で記載されています。
CSV ファイルを開ければ誰でも見ることができる状態になっているため、必要であればエクスポートした CSV ファイルは暗号化したりしておくとよいでしょう。

Chrome に保存したパスワードをエクスポートする

  1. Chrome を起動し、ツールバーの右端にある メニュー ボタンをクリック → 「設定」を選択します。
    ツールバーの右端にあるメニューボタンをクリックし、 「設定」を選択する

    ツールバーの右端にあるメニューボタンをクリックし、 「設定」を選択する

  2. 設定画面が表示されるので、「パスワード」欄をクリックします。
    「パスワード」欄をクリックする

    「パスワード」欄をクリックする

  3. パスワードの管理画面が表示されます※1
    パスワードの管理画面

    パスワードの管理画面


    ※1 この画面は、アドレスバー上に「chrome://settings/passwords」と入力することでも開くことができる。
    そのまま、「保存したパスワード」欄の右側にある メニュー ボタンをクリックし、「パスワードをエクスポート」を選択します。
    「保存したパスワード」欄の右側にあるメニューボタンをクリックし、「パスワードをエクスポート」を選択する

    「保存したパスワード」欄の右側にあるメニューボタンをクリックし、「パスワードをエクスポート」を選択する

  4. 「エクスポートしたファイルを閲覧できるユーザーにパスワードを知られてしまう可能性があります。」という警告が表示されるので、「パスワードをエクスポート」ボタンをクリックします。
    警告が表示されるので、「パスワードをエクスポート」ボタンをクリックする

    警告が表示されるので、「パスワードをエクスポート」ボタンをクリックする

  5. 続いて、「Windows のパスワードを入力してください」というダイアログが表示されます。
    Windows のユーザー名とパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックする

    Windows のユーザー名とパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックする


    ここで、Windows のユーザー名とパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
  6. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    CSV ファイルの保存を行う

    CSV ファイルの保存を行う


    あとは、ファイルを適当なフォルダ内に保存すれば OK です。
    先述のとおり、パスワードは CSV 内に平文で記載されているため、必要であれば CSV ファイルを暗号化するなどしておくとよいでしょう。

目次へ戻る

エクスポートしたパスワードをインポートする

  1. まず、Chrome のアドレスバー上に
    chrome://flags/#PasswordImport

    と入力し、Enter キーを押します。

    Chrome のアドレスバー上に、「chrome://flags/#PasswordImport」と入力して「Enter」キーを押す

    Chrome のアドレスバー上に、「chrome://flags/#PasswordImport」と入力して Enter キーを押す

  2. Password import」というオプションがハイライトして表示されるので、右側にある「Default」ボタンをクリック → 「Enabled」を選択します。
    右側にある「Default」ボタンをクリック → 「Enabled」を選択する

    右側にある「Default」ボタンをクリック → 「Enabled」を選択する

  3. 画面下部に「Your changes will take effect the next time you relaunch Google Chrome.」というバーが表示されます。
    画面下部のバーに表示される「Relaunch」ボタンをクリックする

    画面下部のバーに表示される「Relaunch」ボタンをクリックする


    このバーの右側にある「Relaunch」ボタンをクリックします。
  4. Chrome が再起動します。
    次に、ツールバーの右端にある メニュー ボタンをクリック → 「設定」を選択します。
    ツールバーの右端にあるメニューボタンをクリックし、 「設定」を選択する

    ツールバーの右端にあるメニューボタンをクリックし、 「設定」を選択する

  5. 設定画面が表示されるので、「パスワード」欄をクリックします。
    「パスワード」欄をクリックする

    「パスワード」欄をクリックする

  6. パスワードの管理画面が表示されます。
    パスワードの管理画面

    パスワードの管理画面


    ここで、「保存したパスワード」欄の右側にある メニュー ボタンをクリックし、「インポート」を選択します。
    「保存したパスワード」欄の右側にあるメニューボタンをクリックし、「インポート」を選択する

    「保存したパスワード」欄の右側にあるメニューボタンをクリックし、「インポート」を選択する

  7. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    エクスポートしておいた CSV ファイルを選択する

    エクスポートしておいた CSV ファイルを選択する


    あとは、エクスポートしておいた CSV ファイルを選択すれば OKです。
    「保存したパスワード」欄に、保存しておいたパスワードをがインポートされます。
    パスワードをがインポートされた

    パスワードをがインポートされた

コメント