Google Chrome 上で、音量をタブごとに調整できるようにする拡張機能「Volume Master」

Pocket

今日は、Google Chrome 上で、タブごとに音量を調整できるようにする拡張機能「Volume Master」を紹介しようと思います。

「Volume Master」は、タブごとに音量を調整できるようにする Google Chrome 拡張機能です。

現在開いているタブの音量を、ツールバーボタンのメニューから手軽に変更できるようにする拡張機能で、タブごとに異なる音量値を割り当てて Chrome の音量を最適化できるようにしてくれます。

音量は、スライダーを左右にドラッグすることで調整できるようになっていて、最大で 600% まで上げることが可能となっています。

音量をタブごとに調整したい時にはもちろん、音が小さすぎるタブの音量をひたすら上げたい時… などにも便利。

その他、現在音が鳴っているタブ(の名前)を一覧表示し、ここからタブの移動を行えるようにする機能や、アクティブなタブの音量値を、ツールバーボタン上に表示する機能 も備えています。
(各タブの音量値を、一覧表示するような機能はない)

ダウンロード

Volume Master の使い方

  1. Volume Master」をインストールします。
  2. ツールバー上に、ボタン( Volume Master )が表示されます。
    このボタンをクリック → 中央のスライダーを左右にドラッグすると、現在開いているタブの音量を調整することができます。
    (音量は、左にドラッグすると小さくなり、右にドラッグすると大きくなる)
    中央のスライダーをドラッグすることで、アクティブなタブの音量を調整することができる

    中央のスライダーをドラッグすることで、アクティブなタブの音量を調整することができる

    音量調整を行うと、ツールバーボタン上に(タブの)音量値がオーバーレイ表示されます。

    音量調整を行うと、ツールバーボタン上に音量値がオーバーレイ表示される

    音量調整を行うと、ツールバーボタン上に音量値がオーバーレイ表示される

  3. 尚、音が鳴っているタブが複数ある場合、ポップアップメニューの下部「Tabs playing audio right now」欄に、該当のタブがリスト表示されます※1
    ※1 音が鳴っているタブがない時は、「No tabs playing audio right now」と表示される。
    音が鳴っているタブがない時は、「No tabs playing audio right now」と表示される

    音が鳴っているタブがない時は、「No tabs playing audio right now」と表示される


    ここでタブ名をクリックすると、該当のタブにジャンプすることが可能となっています。
Pocket

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です