スポンサーリンク

現行の Microsoft Edge が、Chromium 版の Microsoft Edge に自動で置き換わらないようにするツールキット「Blocker Toolkit」

Microsoft Edge Chromium Blocker Toolkit Windows 10

今日は、“ Chromium 版 Microsoft Edge ” の自動インストールをブロックできるようにするツールキット「Blocker Toolkit」を紹介しようと思います。

「Blocker Toolkit」は、Chromium 版 Microsoft Edge の自動インストールを無効化できるようにするツールキットです。

現時点では、1/15 の Windows Update で Microsoft Edge が Chromium 版のものと置き換えられる予定になっていますが※1、開発・テスト 等の目的により、現行の Microsoft Edge を残しておきたいという場合もあると思います。
※1 日本では 4/1 以降になった模様

そういった状況下において、Microsoft Edge の置き換えをブロックできるようにするのが「Blocker Toolkit」です。

レジストリやグループポリシーに変更を加えることで、Microsoft Edge が新版に置き換わらないようにしてくれます。
(ブロックを行っても、Chromium 版 Microsoft Edge を手動でインストールすることはできる)

操作は非常に簡単で、ブロック / ブロック解除 ともに任意のタイミングで行えるようになっています。

何らかの理由で、現行の Microsoft Edge を残しておきたい… という場合におすすめです。

ダウンロード

Blocker Toolkit を解凍する

  1. 「MicrosoftEdgeChromiumBlockerToolkit.exe」を実行します。
  2. 最初に利用規約画面が表示されるので、「Yes」を選択します。
    利用規約画面

    利用規約画面

  3. 続いて、「Please type the location where you want to place the extracted files.」という画面が表示されます。
    ツールキットの解凍先フォルダを選択し、 「OK」ボタンをクリックする

    ツールキットの解凍先フォルダを選択し、 「OK」ボタンをクリックする


    ここで、右端にある「Browse」ボタンをクリックし、ツールキットの解凍先フォルダを選択 → 「OK」ボタンをクリックします。
  4. 特に何も表示されませんが、選択しておいたフォルダ内にツールキットが展開されています。
    選択しておいたフォルダ内に、ツールキットが展開された

    選択しておいたフォルダ内に、ツールキットが展開された


    これらのファイルを利用し、Chromium 版 Microsoft Edge の自動インストールをブロックします。
    自動インストールのブロックは、

    のどちらかで行うことができます。
    Windows 10 Home ではグループポリシーエディタを使うことができない(…わけではないが)ので、通常はレジストリを編集することで設定を行います。

目次へ戻る

レジストリにデータを加えることで Microsoft Edge の置き換えをブロックする

  1. まず、解凍して出てきた「EdgeChromium_Blocker.cmd」を右クリックし、ショートカットの作成を行います※1
    「EdgeChromium_Blocker.cmd」を右クリックし、ショートカットの作成を行う

    「EdgeChromium_Blocker.cmd」を右クリックし、ショートカットの作成を行う


    ※1 このページでは、ショートカットファイルを作成して操作を行う方法を紹介しているが、「EdgeChromium_Blocker.cmd」にコマンドラインスイッチ「/B」を付けて実行するだけでもよい。
  2. ショートカットが作成されました。
    ショートカットが作成された

    ショートカットが作成された


    これを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
    作成されたショートカットファイルをを右クリックし、「プロパティ」を選択する

    作成されたショートカットファイルをを右クリックし、「プロパティ」を選択する

  3. ショートカットのプロパティが表示されます。
    「リンク先(T)」欄に表示されているパスの末尾に、半角スペースを空けてから /B と入力して「OK」ボタンをクリックする

    「リンク先(T)」欄に表示されているパスの末尾に、半角スペースを空けてから /B と入力して「OK」ボタンをクリックする


    ここで、「リンク先(T)」欄に表示されているパスの末尾に、半角スペースを空けてから

    /B

    と入力して「OK」ボタンをクリックします。

  4. 最後に、編集を行ったショートカットファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
    編集を行ったショートカットファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択する

    編集を行ったショートカットファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択する

  5. 特に何も表示されませんが、これにて作業完了です。
    レジストリ内に

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate

    というキーが作成され、このキー内に新 Edge の自動配布をブロックする「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」というエントリーが生成されています。

    「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」というエントリーが生成されている

    「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」というエントリーが生成されている

  6. ブロックの解除を行う時は、編集を行ったショートカットファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します。
    編集を行ったショートカットファイルを右クリックして「プロパティ」を選択する

    編集を行ったショートカットファイルを右クリックして「プロパティ」を選択する

  7. ショートカットのプロパティが表示されます。
    「リンク先(T)」欄に表示されているパスの末尾を /U に変更して「OK」ボタンをクリックする

    「リンク先(T)」欄に表示されているパスの末尾を /U に変更して「OK」ボタンをクリックする


    ここで、「リンク先(T)」欄に表示されているパスの末尾を

    /U

    に変更してから「OK」ボタンをクリックします。

  8. あとは、編集を行ったショートカットファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択すれば OK です。
    編集を行ったショートカットファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択する

    編集を行ったショートカットファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択する


    特に何も表示されませんが、レジストリ内に作成されていた「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」が削除されています※2
    「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」が削除された

    「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」が削除された


    ※2 「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」を手動で削除したり、「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」をダブルクリック → 「値のデータ」を「0」にするだけでもよい。
    (ブロックする時は、値のデータを「1」にする)
    「値のデータ」を「0」にする

    「値のデータ」を「0」にする

目次へ戻る

グループポリシーエディターを使用して Microsoft Edge の置き換えをブロックする

  1. まず、解凍して出てきた「EdgeChromium_Blocker.admx」を、
    C:\Windows\PolicyDefinitions

    フォルダ内にコピーします。

    「EdgeChromium_Blocker.admx」を、「C:\Windows\PolicyDefinitions」フォルダ内にコピーする

    「EdgeChromium_Blocker.admx」を、「C:\Windows\PolicyDefinitions」フォルダ内にコピーする

  2. 同様に、「EdgeChromium_Blocker.adml」を
    C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP

    内にコピーします。

    「EdgeChromium_Blocker.adml」を、「C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP」フォルダ内にコピーする

    「EdgeChromium_Blocker.adml」を、「C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP」フォルダ内にコピーする

  3. ホットキー “「Win」+「R」” を押したりスタートボタンを右クリックしたりし、「ファイル名を指定して実行」を呼び出します。
  4. 「ファイル名を指定して実行」が表示されたら、
    gpedit.msc

    と入力して「Enter」キーを押します。

    「gpedit.msc」と入力して「Enter」キーを押す

    「gpedit.msc」と入力して「Enter」キーを押す

  5. ローカルグループポリシーエディターが立ち上がるので、「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows Update」→「Microsoft Edge (Chromium-based) Blockers」を開きます。
    「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows Update」→「Microsoft Edge (Chromium-based) Blockers」を開く

    「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows Update」→「Microsoft Edge (Chromium-based) Blockers」を開く

  6. 右側に「Do not allow delivery of Microsoft Edge (Chromium-Based) through Automatic Updates」という項目があるので、これをダブルクリックします。
  7. 「Do not allow delivery of Microsoft Edge (Chromium-Based) through Automatic Updates」という画面が表示されます。
    Do not allow delivery of Microsoft Edge (Chromium-Based) through Automatic Updates

    Do not allow delivery of Microsoft Edge (Chromium-Based) through Automatic Updates


    あとは、画面左上の欄で「有効」を選択し、右下の「適用」→「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。
    (ブロックを解除する時は、「無効」を選択して「OK」ボタンをクリックする)

コメント