Windows 10 の隠しテーマ「Aero Lite」を使う

Pocket

いつもお世話になっている Winaero で、Windows 10 の隠しテーマ?である「Aero Lite」の使用方法が解説されていましたので、今日はそれを紹介しようと思います。

「Aero Lite」は、Windows 10 にデフォルトで付いているテーマです。
(Windows 8 にもあるようです)
Windows 8 標準のテーマに近い見た目を持つテーマで、

  • ウインドウ枠に色が付く
  • 最小化 / 最大化 / 閉じる ボタンが、枠付きになって目立つ感じになる
  • アクティブウインドウのみ、「閉じる」ボタンが赤くハイライトされる
  • ウインドウのドロップシャドウ効果がなくなる

といった特徴があります。

この「Aero Lite」テーマは、標準で付いているのに、標準のままでは使うことができないため、ある意味で隠しテーマのような扱いになっています。

今日は、そんな「Aero Lite」テーマを普通に使えるようにする方法を紹介したいと思います。

「Aero Lite」テーマ

「Aero Lite」テーマ


Windows 10 標準のテーマ

Windows 10 標準のテーマ


尚、「Aero Lite」テーマを適用すると、タスクボタンの文字色が黒になります。
そのため、タスクボタンのラベルを表示するように設定している場合、タスクボタンの文字が見づらくなるので注意が必要です。

タスクボタンの文字が見づらい

タスクボタンの文字が見づらい

ダウンロード

「Aero Lite」のダウンロード

「Aero Lite」のダウンロード

Aero Lite テーマの使い方

  1. まず、ダウンロードした「aerolite.theme」を、「C:\Windows\Resources\Themes」内にコピーします。
    「C:\Windows\Resources\Themes」内にコピー

    「C:\Windows\Resources\Themes」内にコピー

    (この作業は必須ではありませんが、テーマフォルダに入れておいた方が管理しやすいかと思います)
  2. あとは、コピーしてきた「aerolite.theme」をダブルクリックすればOK です。
    「お待ちください」画面が表示され、テーマの変更が行われます。
    「Aero Lite」テーマ

    「Aero Lite」テーマ

  3. ちなみに、「設定」→「パーソナル設定」→「色」メニューを開き、「アクセントカラーを選ぶ」欄で任意の色を選択することで、テーマカラーの変更を行うこともできたりします。
    パーソナル設定

    パーソナル設定


    色の変更を行うことも可能

    色の変更を行うことも可能

  4. 一連の作業後、「テーマの設定」画面内に「Aero Lite」テーマが追加されます。
    (「設定」→「パーソナル設定」→「テーマ」→「テーマの設定」)
    他のテーマを選択した後に「Aero Lite」テーマを使用したくなったら、この「テーマの設定」画面内の「Aero Lite」をクリックするとよいでしょう。
    「Aero Lite」を選択する

    「Aero Lite」を選択する

Pocket

スポンサード リンク

4 Responses to “Windows 10 の隠しテーマ「Aero Lite」を使う”

  1. いち より:

    pc(win7→win10)の1台がこの設定でした。 これが良いので探してました やっとたどりつきました。
    すっきりです有難うございました。

  2. 嫌っ君 より:

    この「Aero Lite」テーマは、標準で付いているのに ってテーマダウンロードしてんじゃん

  3. 脇汗 より:

    「Aero Lite」は、Windows10 にデフォルトで付いているテーマです。

    ダウンロードすんのかいw

    デフォルトに付いてんならダウンロードせんでも変えられるやろw

    • 通りすがり より:

      AeroLiteに必要な実行ファイルはデフォルトで付いてるので、
      自分で既存のthemeファイル(中身は単なるini形式テキスト)を複製して内容を1か所書き換えるだけで使える

      書き換え済みのthemeファイルをダウンロードしてくる方が簡単というだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です