タイトルバーへの配色を可能にしたWindows 10 用のテーマ

Pocket

今日は、タイトルバーへの配色を可能にしたWindows 10 用のテーマを紹介しようと思います。

Windows 10 では、Build 10056 から?タイトルバーの色がなくなり、現在では無色というか白い感じの配色になっています。
標準のテーマ

どうやら、システム的にテーマの名前が「aero.msstyles」であると、配色設定が無視されて白くなるようなのですが、Windows 10 標準のテーマの名前はまさに「aero.msstyles」となっています。

その「aero.msstyles」をリネームして作成したのが今回紹介するテーマです。
(名前が違うだけで、テーマの構成ファイルは「aero.msstyles」と同じです)タイトルバーに色が付いたテーマ

タイトルバーの部分を青く配色したテーマで、ウインドウの見た目を Windows 8 っぽい感じにしてくれます。

UXTheme パッチャーなどの導入なしに使うことができるため、安全性も高いと言えるでしょう。

ちなみに、「パーソナル設定」画面で色を変更すれば、配色も変更できるようです。

パーソナル設定

パーソナル設定

ダウンロード

ダウンロード方法

ダウンロード方法

テーマの適用方法

  1. まず、ダウンロードしたファイルを 解凍 します。
  2. 出てきた
    • 「windows」フォルダ
    • windows.theme

    の二つを、

      C:\Windows\Resources\Themes

    内にコピーします。

    「windows」フォルダと「windows.theme」を、C:\Windows\Resources\Themes 内にコピー

    「windows」フォルダと「windows.theme」を、C:\Windows\Resources\Themes 内にコピー

  3. あとは、コピーしてきた「windows.theme」ファイルをダブルクリックすればOK。
    “ タイトルバーに色の付いたテーマ ” の適用が行われます。
    テーマが適用された

    テーマが適用された

デフォルトのテーマに戻す

  1. テーマを元に戻す時は、デスクトップ上で右クリックして「個人設定」を選択します。
    デスクトップ上で右クリックし、「個人設定」を選択

    デスクトップ上で右クリックし、「個人設定」を選択

  2. 「パーソナル設定」画面が開くので、左メニュー内の「テーマ」を選択し、右上の「クラシック テーマの設定」というリンクをクリック。
    「クラシック テーマの設定」をクリック

    「クラシック テーマの設定」をクリック

  3. 「コンピュータの視覚効果と音を変更します」という画面が表示されます。
    あとは、「Windows の標準のテーマ」欄内で、「Windows」をクリックすればOK です。
    「Windows」をクリックする

    「Windows」をクリックする


    尚、今回導入した “ タイトルバーへの配色を可能にしたテーマ ” は、下の「インストールされているテーマ」欄内に「Windows」という名前で登録されています。

Build 10525 では、標準でタイトルバーに色が付く

Windows 10 Build 10525 から、デフォルトでタイトルバーに色が付くようになりました。
(このページで紹介しているテーマとはやや違う感じ)

タイトルバーに、色が付くようになった。

タイトルバーに、色が付くようになった。

Build 10525 でタイトルバーに色を付けたい時は、スタート →「設定」→「パーソナル設定」→「色」を開き、右側の画面を下にスクロールして「スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける」をオンにし、上部の欄で好きな色を選択して下さい。
パーソナル設定

パーソナル設定

Pocket

スポンサード リンク


コメント

  1. europa より:

    いつもお世話になっております。日頃より大変役に立つ情報に感謝いたしております。
    Colored title bars Windows 10 theme/visual styleを使用してみました。
    WINDOWS10 Preview10159で動作を確認しました。タイトルバーの色も任意に
    変更できました。色が白は嫌でしたので助かりました。
    その他のテスト情報です。以下の通りです。
    (1)フォントが小さすぎて使いづらい。
    「Meiryo UIも大っきらい!!」WINDOWS8.1対応のものでシステムフォント一括変換
    メイリオ9ポイントに変更できましたが、なぜか右クリックのサイズだけが変更できません
    でした。ですが満足な結果です。
    (2)黄色いフォルダアイコンを変更したい。
    窓の手 2010 for Windows 7をWINDOWS7互換モードでインストール、さらにWinHand7.exeもWINDOWS7互換モードに設定。アイコン変更正常に変更で来ました。
    ただし、その他の設定項目のチェックはすべて外しております。
    ただし、縮小表示の場合は、従来からも変更されないので、その分はWINDOWS10でも
    同じです。
    (3)フォントが見づらい。
    MacTypeをインストールで見やすく変更完了しました。
    (4)右クリックカスタマイズ
    FileMenu Toolsは、Build 10130からは使用できません。原因は、右クリックの仕様変更の
    用です。対策としてFileMenu Toolsで設定しているセパレーターを削除すれば問題なく
    使用できます。最初からセパレーターを使用していない方は問題ないと思います。
    (5)ウインドウの影強化
    WINDOWS8.1用の窓影8使用。CPUやグラボの負荷は正常ですが、一部のウインドウに
    設定が反映されないのと窓影8自身の設定が正常に反映されない場合があります。
    ですが、私の場合は、それなりに満足しております。
    以上、自己責任でのテストでした。

  2. yamada より:

    activeとinantiveの違いが出ないのでおしいけど今風に言えば「これじゃない」感じ。

  3. […] タイトルバーへの配色を可能にしたWindows 10 用のテーマ […]

  4. saka より:

    うん、これじゃない。
    残念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です