指定した WordPress サイトで使われているテーマとプラグインを、一発調査してくれるウェブサービス「WordPress Theme Detector」

Pocket

今日は、指定した WordPress サイトで使用されているテーマ&プラグイン を、一発解析してくれるウェブサービス「WordPress Theme Detector」を紹介しようと思います。

「WordPress Theme Detector」は、指定した WordPress サイトで使われているテーマとプラグインを調べてくれるサイトです。

目的とするウェブサイトの URL を入力するだけで、該当のサイト上で使われているテーマとプラグインを一発解析することができます。
(プラグインは、一部だけしか解析できない模様)

解析結果の画面では、テーマやプラグインの名前に加えて

  • テーマのデモページ(ダウンロードや購入ができるテーマのみ)
  • テーマ作者のホームページ
  • プラグインのダウンロードページ

へのリンクも表示されるようになっているので、気になるテーマやプラグインを速攻で試すことも可能となっています。

普段、“ このブログセンス良いけど、なんのテーマ使っているんだろう ” と思うことがよくある人におすすめです。

ウェブサービスのページへ

尚、自分の WordPress サイトの解析を阻止したい場合は、WordPress に「block-wpscan」というプラグインを導入すると良いようです。
(とは言っても、ソースを見られたら大体分かるかも?)

WordPress Theme Detector の使い方

  1. WordPress Theme Detector」にアクセスします。
    WordPress Theme Detector

    WordPress Theme Detector

  2. 画面上部にあるテキスト入力フォームに、テーマとプラグインの解析を行いたいサイトの URL を入力 → 「Experience the magic of WPTD!」ボタンをクリックします。
  3. 指定されたウェブサイトの解析が実行されるので、しばらく待ちます。
  4. 少し待つと、該当のサイト上で使われているテーマと、テーマ作者、プラグイン の情報が表示されます※1
    解析結果

    テーマ作者の情報プラグインの解析結果

    ※1 入力されたサイト上で WordPress が使われていない場合、「The site ○○ does not seem to be using WordPress. 」と表示される。
    WordPress が使われていなかった場合

    WordPress が使われていなかった場合


    解析対象のサイトによって表示される情報は異なりますが、ほとんどの場合で

    • ○○(URL) uses this theme - 使われているテーマの名前
    • Theme Provider/Author - テーマの作者
    • Our detection tools have found ○ plugin - 使われているプラグイン

    といった情報が表示されるようです。

    ちなみに、フルカスタマイズされた自作テーマなどの場合、一番上の「○○(URL) uses this theme」欄に「Custom theme」のようなマークが表示されます。

  5. テーマにデモページがある場合、「More Details and Demo」というボタンが表示されるので、ここからデモページを開くことができます。
    (有料のテーマには、「Premium theme」というマークが表示される)
    解析結果

    解析結果


    また、テーマ作者の欄にある「More info」ボタンをクリックすることで、テーマ作者のホームページにアクセスすることも可能となっています。
    テーマ作者の情報

    テーマ作者の情報


    プラグインの解析結果画面では、「Download Plugin」というボタンをクリックすることで、該当プラグインのダウンロードページを開くことができます。
    (「Premium plugin」と表示されるプラグインは、有料のものになります)
    プラグインの解析結果

    プラグインの解析結果

Pocket

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です