指定した更新プログラムやドライバーのアップデートが、自動でインストールされないようにしてくれるソフト「Show or hide updates」(Windows 10 向け)

Pocket

今日は、指定した更新プログラムやデバイスドライバーのアップデートが、自動でインストールされないようにしてくれるトラブルシューティングツール「Show or hide updates」を紹介しようと思います。
(Windows 10 向け)

「Show or hide updates」は、指定した更新プログラムやデバイスドライバーのアップデートが、自動でインストールされないようにしてくれるソフトです。

“ 自動インストールを無効化したい更新プログラム ” や “ 自動アップデートを停止したいデバイスドライバー ” をあらかじめ指定しておくことにより、該当のアイテム群が自動でアップデートされないようにしてくれます。

操作は、基本的に目的とする更新プログラムやデバイスドライバーにチェックを入れるだけなので、非常に簡単。

勝手にインストールされては困る更新プログラムや、自動でアップデートされては困るデバイスドライバーが存在する場合に便利です。

尚、自動アップデートを無効化したアイテムを、再度有効化する機能も付いています。

ダウンロード

Show or hide updates の使い方

  1. ダウンロードした「wushowhide.diagcab」を実行します。
  2. 「コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング」という画面が表示されるので、右下の「次へ」ボタンをクリックします。
    コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング

    コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング

  3. 「問題を検出しています」という画面が表示されます。
    問題を検出しています

    問題を検出しています

    そのまま、じっくりと待ちます。
  4. 少し待つと、「Show or hide updates」という画面が表示されるので、「Hide updates」を選択します。
    Show or hide updates

    Show or hide updates

  5. 「Hide updates」という画面が表示されます。
    Hide updates

    Hide updates

    ここで、自動インストールを無効化したい更新プログラムや、自動アップデートを停止したいデバイスドライバーにチェック → 「次へ」ボタンをクリックします。
  6. 「問題を解決しています」という画面が表示されるので、じっくりと待ちます。
    問題を解決しています

    問題を解決しています

  7. 少し待ち、「トラブルシューティングが完了しました」と表示されたら処理完了です。
    トラブルシューティングが完了しました

    トラブルシューティングが完了しました

    画面下部の「閉じる」ボタンを押して下さい。

無効化した更新プログラムやデバイスドライバーのアップデートを、再度有効化

  1. 「wushowhide.diagcab」を実行します。
  2. 「コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング」画面が表示されるので、右下の「次へ」ボタンをクリック。
    コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング

    コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング

  3. 「問題を検出しています」画面が表示されます。
    問題を検出しています

    問題を検出しています

    そのまま、じっくりと待ちます。
  4. 少し待つと、「Show or hide updates」画面が表示されるので、「Show hidden updates」を選択します。
    Show or hide updates

    Show or hide updates

  5. 「Show hidden updates」という画面が表示されます。
    Show hidden updates

    Show hidden updates

    ここで、自動インストールを有効化したい更新プログラムや、自動アップデートを再開したいドライバーにチェック → 「次へ」ボタンをクリックします。
  6. 「問題を解決しています」という画面が表示されるので、じっくりと待ちます。
    問題を検出しています

    問題を検出しています

  7. 少し待ち、「トラブルシューティングが完了しました」と表示されたら処理完了です。
    トラブルシューティングが完了しました

    トラブルシューティングが完了しました

    画面下部の「閉じる」ボタンを押して下さい。
Pocket

スポンサード リンク


コメント

  1. Makina より:

    非常に役に立つ記事でした。
    私は訳あってOffice 2013と共に未だにOffice XPを併用しているのですが、Windows 10 Proにしてから、Microsoft Updateで毎回毎回Office XPのSP3やらアップデートやら更新プログラムが配信され、そして配信はされても、やはりWindows 10には適合しないようでエラーとなっています。Office XP関連のアップデートのエラーが大量に積算しています。
    もちろんこのまま放置していても、その他必要なアップデートはなされるので直接的な問題はないのですが、アップデータは毎回アップデートを試みますし大量のエラーが溜まっているのは気持ちの良いものではないので、非表示にしてしまいたい。しかし7と違って標準ではそれができない。
    これでやっと頭の隅に引っかかっていた問題が解決できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です