スポンサーリンク

タッチパネル搭載のWindows 10 上で、任意のタッチジェスチャーを実行可能にするソフト「TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)」

ジェスチャーを実行すると、その内容がオーバーレイ表示される Windows 10

今日は、タッチパネル搭載のWindows 10 上で、任意のタッチジェスチャーを実行可能にするソフト「TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)」を紹介しようと思います。



「TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)」は、タッチパネル搭載のWindows 10 上で、任意のタッチジェスチャーを実行可能にするソフトです。

  1. ディスプレイにタッチ
  2. そのまま(=ディスプレイにタッチしたまま)、指を指定した方向へ動かす
    (たとえば、下方向に)
  3. 続けて、指を指定した方向へ動かす…
    (たとえば、左方向に)

といったジェスチャーを行うことにより、様々なアクションを実行できるようにするソフトで、マウスジェスチャーのようなことをタッチ操作で実行できるようにしてくれます。

ジェスチャーには、任意のショートカットキと同じ動作内容を割り当てることができ、たとえば Chrome で言うと

  • 戻る - 「Alt」+「←」
  • 進む - 「Alt」+「→」
  • 新しいタブを開く - 「Ctrl」+「T」
  • ページを更新 - 「Ctrl」+「R」
  • 最後に閉じたタブを開く - 「Ctrl」+「Shift」+「T」

… 等々のコマンドをジェスチャーに割り当てられるようになっています。

普段、タッチ環境下でWindows 10 を使用している人におすすめです。

尚、名前の通り、このソフトは基本的に Google Chrome 向けのものとなっています。
他のアプリケーション上では、ジェスチャーが正しく認識されないことがあるので注意が必要です。

ダウンロード

TouchPanelGestures の使い方

  1. 「TouchPanelGestures.exe」を実行します。
  2. 初回起動時に「Windows によって PC が保護されました」というダイアログが表示されるので、画面左側にある「詳細情報」というリンクをクリック → 右下の「実行」ボタンをクリックします。
    「詳細情報」というリンクをクリックする

    「詳細情報」というリンクをクリックする

    「実行」ボタンを押す

    「実行」ボタンを押す

  3. 最初に、「初回起動 – TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)」というダイアログが表示されます。
    初回起動 - TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)

    初回起動 – TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)


    ここで、「戻る」「進む」アクションに割り当てるタッチジェスチャーを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
  4. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイアイコン

    タスクトレイアイコン


    これで、準備完了です。
    デフォルトでいくつかのジェスチャーが登録されているので、このままでもChrome 上で下記のようなタッチジェスチャーを実行できるようになっています。

    • ↑ ← (→) - 戻る
    • ↑ → (←) - 進む
    • ↓ → - タブを閉じる
    • ↓ ← - 新しいタブを開く
    • → ↓ - 右のタブへ移動
    • ← ↓ - 左のタブへ移動
    • ↓ → ↑ - 最後に閉じたタブを開く
    • → ↓ ← ↑ - 再読み込み
    • リンクを長押しして放す - リンクを新しいタブで開く

    ちなみに、ジェスチャーを実行すると、ジェスチャーの内容と実行されるコマンドの内容が、オーバーレイして表示されたりします。

    ジェスチャーを実行すると、その内容がオーバーレイ表示される

    ジェスチャーを実行すると、その内容がオーバーレイ表示される

新しいタッチジェスチャーを登録する

このページでは、例として → ← というタッチジェスチャーで、検索コマンド(「Ctrl」+「F」)を実行できるようにする方法を紹介します。

  1. ジェスチャーを新規登録する時は、タスクトレイアイコンをクリックします。
    タスクトレイアイコン

    タスクトレイアイコン

  2. メイン画面が表示されます。
    TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)

    TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)


    まず、画面右下にあるテキスト入力ボックスをクリックし、これから指定するジェスチャーに割り当てる動作内容(ショートカットキー)を設定します。
    (ショートカットキーを、テキスト入力ボックス内で実際に押してみる)
    右下にあるボックスをクリックし、これから指定するジェスチャーに割り当てるショートカットキーを押してみる

    右下にあるボックスをクリックし、これから指定するジェスチャーに割り当てるショートカットキーを押してみる


    ここでは、例として “ 「Ctrl」+「F」 ” を割り当ててみます。
    Chrome のキーボード ショートカット
    “ 「Ctrl」+「F」 ” を割り当ててみた

    “ 「Ctrl」+「F」 ” を割り当ててみた

  3. 続いて、ボックス付近にある ジェスチャー ボタンを使い、今指定した動作内容(ショートカットキー)を実行するためのジェスチャーを設定します。
    ここでは、例として → ← というジェスチャーを割り当ててみます。
    → ← というジェスチャーを割り当ててみた

    → ← というジェスチャーを割り当ててみた

  4. 設定が終わったら、すぐ上にある + ボタンをクリックします。
  5. すると、今設定したジャスチャーが、上部の「ジェスチャ」欄に登録されます。
    ジェスチャーが登録された

    ジェスチャーが登録された


    これで設定完了です。
    他にも登録したいジェスチャーがある場合は、同様の手順で登録処理を行います。
    登録したジェスチャーを削除する時は、「ジェスチャ」欄で目的のジェスチャーを選択 → リスト下部にある - ボタンをクリックします。

Chrome 以外のアプリ上でも、ジェスチャーを実行可能に

このページでは、エクスプローラ上で ↑ ← というタッチジェスチャーを実行した時に、“ 戻る(「Alt」+「←」)” コマンドを実行する方法を例として紹介します。

  1. まず、タスクトレイアイコンをクリックし、メイン画面を表示させます。
    タスクトレイアイコン

    タスクトレイアイコン

    TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)

    TouchPanelGestures (ほぼfor Chrome)

  2. タッチジェスチャーを実行可能にしたいアプリケーションを、アクティブに(=最前面に表示)します。
  3. 「TouchPanelGestures」設定画面の左下に、現在アクティブなアプリケーションのファイル名が表示されます。TouchPanelGestures5
    このまま、すぐ上にある + ボタンをクリックします。
  4. 指定したアプリケーションが、上部の「アプリケーション」欄に登録されました。
    「explorer.exe」が、「アプリケーション」欄に登録された

    「explorer.exe」が、「アプリケーション」欄に登録された


    あとは、先ほどの手順でジェスチャーの登録を行えばOK です。
    たとえば、 ↑ ← というタッチジェスチャーに “ 戻る(「Alt」+「←」)” コマンドを割り当てたいとすると、下記のようになります。
    “ 「Alt」+「←」 ” という動作(ショートカットキー)を…

    “ 「Alt」+「←」 ” という動作(ショートカットキー)を…


    ↑ ← というジェスチャーで実行できるようにした

    ↑ ← というジェスチャーで実行できるようにした


    ジェスチャーが登録された

    ジェスチャーが登録された

  5. 設定が完了したら、画面右下にある「OK」ボタンをクリックします。

コメント