Google Chrome 69 で HTTPS サイトを開いた時に、「保護された通信」 というテキストがアドレスバー上に表示されるようにする方法

Pocket

今日は、Google Chrome 69 で HTTPS サイトを開いた時に、「保護された通信」というテキストがアドレスバー上に表示されるようにする方法を紹介します。

Google Chrome では、バージョン 69 から HTTPS サイトにアクセスした時に「保護された通信」というテキストが表示されないようになりました。
EV 証明書 を持つサイトであれば、組織名が表示される)

HTTPS サイトには、「保護された通信」というテキストが表示されていた

HTTPS サイトには、「保護された通信」というテキストが表示されていた

鍵マークのみが表示されるようになった

鍵マークのみが表示されるようになった


サイトに EV 証明書があれば、組織名が表示される

サイトに EV 証明書があれば、組織名が表示される

「保護された通信」というテキストが邪魔、またはない方がシンプルで良い、と感じていた人には良い変化となりましたが、「保護された通信」というテキストがあった方が分かりやすくて良い… と感じていた人もいるかと思います。

そんな人のために、このページでは Google Chrome 69 からなくなった「保護された通信」の表記を、元に戻す方法を紹介します。

尚、この件とは別に、マテリアルデザインを無効化することで

  • 鍵マーク
  • 「保護された通信」というテキスト(表示するようにしている場合)
  • EV 証明書のあるサイトの組織名

が緑色で表示されるようになったりします。
このページでは、その辺のことも交えて紹介しようと思います。

HTTPS サイトにアクセスした時に、「保護された通信」が表示されるようにする

  1. HTTPS サイトの表記変更には、Chrome の再起動が必要となります。
    そのため、現在 Chrome 上で何らかの作業を行っている場合は、あらかじめそのデータを保存しておくとよいでしょう。
  2. 準備が整ったら、アドレスバー上に
    chrome://flags/#simplify-https-indicator

    と入力して「Enter」キーを押します。

    「chrome://flags/#simplify-https-indicator」と入力して「Enter」キーを押す

    「chrome://flags/#simplify-https-indicator」と入力して「Enter」キーを押す

  3. 「Simplify HTTPS indicator UI」というオプションがハイライトして表示されるので、右側にある「Default」というプルダウンメニューをクリック →
    • Enabled (show Secure chip for non-EV HTTPS pages)

    を選択します。

    右側にある「Default」というプルダウンメニューをクリック → 「Enabled (show Secure chip for non-EV HTTPS pages)」を選択する

    右側にある「Default」というプルダウンメニューをクリック → 「Enabled (show Secure chip for non-EV HTTPS pages)」を選択する


    一応、アドレスバーの表示がどのように変わるのかを、各オプションごとに紹介しておきます。

    • Enable (show Secure chip for EV pages)
      EV 証明書のあるサイト
      鍵マークと、「保護された通信」が表示される

      鍵マークと、「保護された通信」が表示される


      EV 証明書のないサイト
      鍵マークのみが表示される

      鍵マークのみが表示される

    • Enable (show Lock icon for non-EV HTTPS pages)

      EV 証明書のあるサイト

      鍵マークと、組織名が表示される

      鍵マークと、組織名が表示される

      EV 証明書のないサイト

      鍵マークのみが表示される

      鍵マークのみが表示される

    • Enable (show Lock icon for all HTTPS pages)

      EV 証明書のあるサイト

      鍵マークのみが表示される

      鍵マークのみが表示される

      EV 証明書のないサイト

      鍵マークのみが表示される

      鍵マークのみが表示される

    • Enabled (show Secure chip for non-EV HTTPS pages)

      EV 証明書のあるサイト

      鍵マークと、組織名が表示される

      鍵マークと、組織名が表示される

      EV 証明書のないサイト

      鍵マークと、「保護された通信」が表示される

      鍵マークと、「保護された通信」が表示される

    いずれのオプションを選択した場合も、HTTP サイトのアドレスバー上には「保護されていない通信」と表記されます。

  4. ちなみに、鍵マークや組織名、「保護された通信」を緑色で表示させたい場合は、マテリアルデザインを無効化する必要がある?ようです。
    マテリアルデザインを無効化してでも鍵マーク等を緑色にしたい時は、アドレスバー上に

    chrome://flags/#top-chrome-md

    と入力して「Enter」キーを押す → 「UI Layout for the browser’s top chrome」を「Normal」「Hybrid」のどちらかにしておきます。

    「UI Layout for the browser’s top chrome」を、「Normal」「Hybrid」のどちらかにする

    「UI Layout for the browser’s top chrome」を、「Normal」「Hybrid」のどちらかにする

    「Normal」「Hybrid」を選択した時にインターフェースがどのように変わるのかは、こちらのページで紹介しています
  5. オプションを変更すると、画面下部に再起動を促すバナーが表示されるので、そのまま右下の「RELAUNCH NOW」ボタンをクリックします。
    再起動を促すバナーが表示されるので、右下の「RELAUNCH NOW」ボタンをクリックする

    再起動を促すバナーが表示されるので、右下の「RELAUNCH NOW」ボタンをクリックする

  6. Chrome の再起動が行われます。
    以降、HTTPS サイトにアクセスした時に、アドレスバーの先頭に「保護された通信」というテキストが表示されるようになります。
    鍵マークと、「保護された通信」が表示される

    鍵マークと、「保護された通信」が表示される

    マテリアルデザインを無効化しておいた場合、鍵マークや組織名、「保護された通信」が緑色で表示されます。
    マテリアルデザインを無効化しておいた場合は、鍵マークや「保護された通信」が緑色で表示される

    マテリアルデザインを無効化しておいた場合は、鍵マークや「保護された通信」が緑色で表示される

  7. 設定を元に戻したくなったら、再度アドレスバー上に
    chrome://flags/#simplify-https-indicator

    と入力して「Enter」キーを押し、「Simplify HTTPS indicator UI」欄で「Default」を選択 → 「RELAUNCH NOW」ボタンをクリックすれば OK です。

Pocket

スポンサード リンク


コメント

  1. RS より:

    ちなみに
    chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains
    これを “disable” にすると、アドレスバーのURLの “https” や “www” が復活しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です