スポンサーリンク

「Proton UI」を維持しつつ、タブやメニューを以前のスタイルっぽくしてくれる Firefox 用テーマ「Lepton」

Lepton firefox

今日は、「Proton UI」を維持しつつ、タブやメニューを以前のスタイルっぽくしてくれる Firefox 用のテーマ「Lepton」を紹介しようと思います。

Lepton」は、バージョン 89 からリニューアルされた Firefox のデザインを、バージョン 88 以前のスタイル(Photon)っぽくしてくれる Firefox 用のテーマです。

フローティングボタン風になったタブを従来のタブに戻し、メインメニュー内の余白を少し狭くしてアイコンを付けたりする… というテーマで、「Proton」の基本的な雰囲気はそのままに、「Photon」の良いところを取り入れたという「Proton」と「Photon」の中間のようなテーマです。

Lepton

Lepton

Firefox 89 の「Proton UI」は設定により無効化することもできますが、無効化したらしたでなんか物足りないな…と感じたりしている人におすすめです。

ちなみに、デフォルトで非表示化された「コンパクトモード」を復元したりする機能も付いています。

ダウンロード

Lepton のインストール方法

  1. Lepton のダウンロードページ を開きます。
  2. 画面上部にある緑色の「Code」ボタンをクリック →「Download ZIP」を選択し、「Firefox-UI-Fix-master.zip」をダウンロードします。
    「Code」ボタンをクリック → 「Download ZIP」を選択する

    「Code」ボタンをクリック → 「Download ZIP」を選択する

  3. ダウンロードした「Firefox-UI-Fix-master.zip」は、解凍 しておきます。
  4. Firefox のアドレスバー上に
    about:support

    と入力して Enter キーを押します。

    アドレスバー上に「about:support」と入力して「Enter」キーを押す

    アドレスバー上に「about:support」と入力して「Enter」キーを押す

  5. 「トラブルシューティング情報」という画面が表示されます。
    トラブルシューティング情報

    トラブルシューティング情報


    この画面を少し下にスクロールし、「プロファイルフォルダー」欄にある「フォルダーを開く」ボタンをクリックします。
    「プロファイルフォルダー」欄にある「フォルダーを開く」ボタンをクリックする

    「プロファイルフォルダー」欄にある「フォルダーを開く」ボタンをクリックする

  6. Firefox のプロファイルフォルダが表示されます。
    ここに、ダウンロードした「Firefox-UI-Fix-master.zip」内に入っていた「user.js」をコピーします。
    プロファイルフォルダ内に、「user.js」をコピーする

    プロファイルフォルダ内に、「user.js」をコピーする


    プロファイルフォルダ内に元々「user.js」が存在している時は、あらかじめ既存の「user.js」を別のフォルダ内にバックアップしておくか、別の名前にリネームしておくとよいでしょう。
    (上書きを防止するという意味で)
    プロファイルフォルダ内に「user.js」が既に存在している時は、事前にリネームしたりしておくとよい

    プロファイルフォルダ内に「user.js」が既に存在している時は、事前にリネームしたりしておくとよい

  7. 続いて、プロファイルフォルダ内に「chrome」という名前のフォルダを作成します。
    プロファイルフォルダ内に「chrome」という名前のフォルダを作成する

    プロファイルフォルダ内に「chrome」という名前のフォルダを作成する


    プロファイルフォルダ内に元々「chrome」フォルダがある場合は、既存の「chrome」フォルダを別の場所にバックアップするか、「chrome2」などにリネームしてから操作を行うとよいでしょう。
    プロファイルフォルダ内に元々「chrome」フォルダがある場合は、既存の「chrome」フォルダをリネームしたりしておく

    プロファイルフォルダ内に元々「chrome」フォルダがある場合は、既存の「chrome」フォルダをリネームしたりしておく

  8. ダウンロードした「Firefox-UI-Fix-master.zip」の中に入っていた「user.js」以外のファイルを、先ほど作成した「chrome」フォルダ内にコピーします。
    (「.github」フォルダ、「README.org」「Install.sh」はなくてもよい)
    「user.js」以外のファイルを、先ほど作成した「chrome」フォルダ内にコピーする

    「user.js」以外のファイルを、先ほど作成した「chrome」フォルダ内にコピーする

  9. Firefox を再起動させます。
  10. すると、インストールした「Lepton」テーマが有効になっています。
    Lepton

    Lepton

    もし、再起動しても見た目が変わっていない時は、アドレスバー上に

    about:support

    と入力して Enter キーを押す → 画面右側にある「起動時キャッシュを消去」ボタンを押して Firefox を再起動させてみてください。

    見た目が変わっていない時は、「起動時キャッシュを消去」ボタンをクリックして再起動してみる

    見た目が変わっていない時は、「起動時キャッシュを消去」ボタンをクリックして再起動してみる

    尚、「Lepton」をインストールすると、デフォルトでは非表示になっている「コンパクトモード」が使えるようになります。

    コンパクトモード

    コンパクトモード


    コンパクトモードを有効にする時は、タイトルバーやツールバーの空いているところで右クリック → 「ツールバーをカスタマイズ」を選択し、画面下部にある「UI 密度」というメニューをクリックして「コンパクト」を選択します。
    タイトルバーやツールバーの空いているところで右クリック → 「ツールバーをカスタマイズ」を選択する

    タイトルバーやツールバーの空いているところで右クリック → 「ツールバーをカスタマイズ」を選択する

    画面下部にある「UI 密度」というメニューをクリックして「コンパクト」を選択する

    画面下部にある「UI 密度」というメニューをクリックして「コンパクト」を選択する

  11. テーマを元に戻す時は、逆の操作を行えば OK です。
    プロファイルフォルダ内にコピーした

    • user.js
    • 「chrome」フォルダ

    を削除し、Firefox を再起動させます。
    元々「user.js」「chrome」フォルダがあってそれをリネームしていた場合は、リネームしていた「user.js」「chrome」フォルダの名前を元に戻しておきます。

コメント