スポンサーリンク

Gmail のテーマを、以前のスタイルに戻してくれる Google Chrome / Firefox / Opera 用 CSS「Gmail Classic Theme(gmail-classic)」

Gmail Classic Theme(gmail-classic) Google Chrome

今日は、Gmail のテーマを以前のスタイルに戻してくれる Google Chrome / Firefox / Opera 用 CSS「Gmail Classic Theme(gmail-classic)」を紹介しようと思います。



「Gmail Classic Theme(gmail-classic)」は、その名の通りクラシックな Gmail 用テーマです。

少し前に新しくなった Gmail のテーマを、リニューアル前のデザインに戻してくれる拡張機能(CSS)で、人によっては使いづらくなったと感じる Gmail を以前のスタイルに戻せるようにしてくれます。

現在の Gmail テーマ

現在の Gmail テーマ

以前の Gmail テーマ

以前の Gmail テーマ

基本的にインストールするだけで使える拡張機能で※1、Firefox / Opera に関してはツールバー上からワンクリックで CSS をオン・オフ できるようにもなったりします。
※1 ただし、Firefox / Opera では、別途「Stylus」のインストールと、CSS スタイルの作成作業が必要になる。
( “ 作成 ” とは言っても、ソース をコピペするだけだが)

普段 Gmail を使っていて、“ 前のデザインの方が良かったな… ” と感じていたりする人におすすめです。

ダウンロード(Chrome 拡張機能)
ダウンロード(Firefox &Opera 用 CSS)

gmail-classic のインストール方法(Firefox / Opera )

  1. Chrome 拡張機能である「Gmail Classic Theme」はインストールするだけで使えますが、Firefox &Opera 用の CSS である「gmail-classic」は、手動でインストール作業を行う必要があります。
    というわけで、まず最初に

    • Stylus(Firefox アドオン)
    • Stylus(Opera アドオン)

    をインストールします。

  2. ツールバー上に「Stylus」のアイコン(  )が表示されるので、これをクリック → 「管理」ボタンをクリックします。

    ツールバー上の「Stylus」アイコンをクリック → 「管理」ボタンをクリックする

  3. 「インストール済みのス­タイル」という画面が表示されます。
    「新スタイルを作成」ボタンをクリックする

    「新スタイルを作成」ボタンをクリックする

    この画面の左メニュー内にある「新スタイルを作成」ボタンをクリックします。

  4. 「スタイルを追加」という画面が表示されます。
    スタイルを追加

    スタイルを追加

    そのまま、画面左上にある「名前を入力してください」欄に「Gmail Classic」と入力します。
    (実際には、自分でわかりやすい名前なら何でもよい)

  5. 続いて、「gmail-classic」のページにあるスタイルシート をすべて選択&コピーし、先ほどの「スタイルを追加」画面の右上にある「コード1」欄に貼り付けます。
    スタイルシートをすべて選択&コピーし...

    スタイルシートをすべて選択&コピーし…

    「コード1」欄に貼り付ける

    「コード1」欄に貼り付ける

  6. 次に、「コード1」欄の下にある「適用先 i すべて」のすぐ右側にある + をクリックします。
    (Opera を使用している場合は、「個別指定」ボタンをクリックする)

    「適用先 i すべて」の右側にある + をクリックする

    「適用先 i すべて」の右側にある + をクリックする

    Opera を使用している場合は、「個別指定」ボタンをクリックする

    Opera を使用している場合は、「個別指定」ボタンをクリックする

  7. 「URL」というドロップダウンメニューが表示されるので、これをクリックして「ドメイン上の URL」を選択 → 右側のフォームに mail.google.com と入力します。
    「URL」というドロップダウンメニューをクリックし...

    「URL」というドロップダウンメニューをクリックし…

    「ドメイン上の URL」を選択 → 右側のフォームに mail.google.com と入力する

    「ドメイン上の URL」を選択 → 右側のフォームに mail.google.com と入力する

  8. ここまでの設定が終わったら、画面左上にある「保存」ボタンをクリックします。
  9. 以降、Gmail を開いた時に、先ほど導入した CSS が有効になっています。
    導入した CSS(「gmail-classic)」が有効になっている

    導入した CSS(「gmail-classic)」が有効になっている

    ツールバー上の「Stylus」のアイコンをクリック → 「Gmail Classic」のチェックを外すことで、導入した CSS を無効化することもできたりします。
    (ゴミ箱アイコンをクリックすると、導入した CSS が消えてしまうので注意)

    ツールバー上の「Stylus」のアイコンから、導入した CSS を無効化することもできる

    ツールバー上の「Stylus」のアイコンから、導入した CSS を無効化することもできる

Chrome 拡張機能「Gmail Classic Theme」を無効化したい場合

  1. Chrome 拡張機能である「Gmail Classic Theme」を無効化したい時は、ツールバー上のアイコンを右クリックして「拡張機能を管理」を選択 → 「Gmail Classic Theme」そのものをオフにしてください。
    ツールバー上のアイコンを右クリックして「拡張機能を管理」を選択し...

    ツールバー上のアイコンを右クリックして「拡張機能を管理」を選択し…

    「Gmail Classic Theme」をオフにする

    「Gmail Classic Theme」をオフにする

コメント