YouTube 等の動画サイト上にて、” 指定した場面から再生可能なURL ” を一発取得できるようにする Firefox アドオン「Media URL Timestamper」

Pocket

今日は、Youtube 等の動画サイト上にて、” 指定した場面から再生可能なURL ” を一発取得できるようにする Firefox アドオン「Media URL Timestamper」を紹介しようと思います。

「Media URL Timestamper」は、” 指定した場面から再生可能なURL ” を、手軽に取得できるようにする Firefox アドオンです。

アドレスバー上に追加される専用のボタンをクリックすることで、” 現在の場面から再生可能なURL ” を一発取得できるようにしてくれます。

基本的に、目的とする場面で一時停止 → アドレスバー上のボタンをクリックするだけで使うことができ、また必要であれば ” 特定の秒数おきに、URL 内のタイムスタンプを自動で更新 ” させることも可能となっています。

対応しているサイトは、Youtube / Soundcloud / Vimeo / Twitch / Vidme / DailyMotion / PBS / BBC iPlayer。
(2017/05/21 時点)

長い動画を見る時や、動画内の特定場面を第三者と共有したい時 などに役立つと思います。

ダウンロード

Media URL Timestamper の使い方

  1. まず、「Media URL Timestamper」をインストールします。
  2. 以後、YouTube 等のサイトで動画ページを開くと、アドレスバーの右端に #t アイコンが表示されます。
    アドレスバーの右端に、アイコンが表示される

    アドレスバーの右端に、アイコンが表示される

    このアイコンをクリックすると、URL が ” 現在の場面から再生可能なURL ” に変わります。
    URL の末尾に、タイムスタンプが追加された

    URL の末尾に、タイムスタンプが追加された

    あとは、このURL をコピーし、どこかにメモするなり第三者と共有するなりすれば OK です。
  3. ちなみに、デフォルトでは ” タイムスタンプの自動取得モード ” が ON になっています。
    これは、いちいち #t アイコンをクリックしなくても、1 分ごとに自動で URL 中のタイムスタンプを更新する機能になります※1
    ※1 標準では、動画の先頭から 1 分間&ラスト 1 分間 は、タイムスタンプの取得を行わないように設定されている。
    また、5 分以下の動画に対しても、タイムスタンプの取得を行わないようになっている。

    もしこの機能が不要であれば、#t アイコンを右クリックして「Toggle automatic mode」を選択しておくとよいでしょう。
    (アイコンの色が #t に変わります)
    右クリックメニュー

    右クリックメニュー

    尚、右クリックメニューからは、

    • Update timestamp - タイムスタンプを更新
    • Clear timestamp - URL からタイムスタンプを消去する
    • Options - オプション画面を開く

    といったコマンドを実行することもできたりします。

  4. その他、オプション画面上では
    • Show page action
      アドレスバーの右端に、#t アイコンを表示する
    • Automatic mode enabled globally by default
      標準で、タイムスタンプの自動取得モードを ON にする

      • Minimum duration ○ minutes
        再生時間が ○ 分より短い場合、タイムスタンプを自動で取得しない
      • Update interval : ○ Seconds
        ○ 秒ごとに、URL 中のタイムスタンプを更新
      • Ignore start : ○ Seconds
        再生開始から ○ 秒間は、タイムスタンプの取得を行わない
      • Ignore end : ○ Seconds
        ラスト ○ 秒間は、タイムスタンプの取得を行わない

    といったオプションの設定を行えるようになっています。

    オプション画面

    オプション画面

Pocket

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です