Windows 起動時に、Chrome や Firefox を自動で最適化・高速化 する方法

Pocket

今日は、「SpeedyFox」というソフトを使い、Windows 起動時に毎回自動で Google ChromeFirefox を最適化&高速化 できるようにする方法を紹介します。

まずはじめに「SpeedyFox」とは、Google Chrome や Firefox、Thunderbird、Skype、Opera、Vivaldi、Pale Moon、Waterfox などのプロファイルを最適化し、各ソフトの動作を高速化してくれるソフトです。

基本的にワンクリックで使えるシンプルなソフトではあるのですが、毎日使うとなると面倒に感じたりすることがあります。

そこでこのページでは、「SpeedyFox」による最適化処理を、Windows 起動時に毎回自動で実行できるようにする方法を紹介します。

Windows 起動時にコマンドラインで最適化処理が自動実行されるようにし、Chrome や Firefox(やその他ソフト) をいつもフレッシュな状態で使えるようにしてくれます。

現在、Google Chrome や Firefox、Waterfox 等々、「SpeedyFox」対応のソフトを使っている人におすすめです。

Windows 起動時に、Chrome や Firefox を自動で最適化・高速化

  1. SpeedyFox」をダウンロード&実行し、最適化するブラウザやプロファイル にチェックを入れます。
    最適化するブラウザ・プロファイル にチェック

    最適化するブラウザ・プロファイル にチェック

    ポータブル版のブラウザを使っている場合、メニューバー上の「SpeedyFox」から「Add custom profile」を選択し、プロファイルフォルダのパスを手動で指定してください※1
    プロファイルフォルダのパスを、手動で指定する

    プロファイルフォルダのパスを、手動で指定する

    ※1 「Browse」ボタンを押すとエラーが表示されてしまうので、「Profile path」欄にプロファイルフォルダのパスを直接コピペする。
    (バージョン2.0.22 現在)
  2. 続いて、メニューバー上の「Help」から「Command line syntax」を選択します。
  3. 「SpeedyFox Command Line」という画面が表示されます。
    SpeedyFox Command Line

    SpeedyFox Command Line

    この画面の「Current command line」欄に表示されているコマンドラインを、すべてコピーします。
  4. コピーしたコマンドラインを、メモ帳などの テキストエディタ に貼り付けます。
    コピーしたコマンドラインを、メモ帳などのテキストエディタに貼り付ける

    コピーしたコマンドラインを、メモ帳などの テキストエディタに貼り付ける

  5. そのまま、ファイルを適当な名前の BAT ファイルとして保存します。
    ファイルを、BAT ファイルとして保存

    ファイルを、BAT ファイルとして保存

    メモ帳を使っている場合、「ファイルの種類」を「すべてのファイル (*.*)」にしてから保存を行ってください。
  6. あとは、作成した BAT ファイルを、スタートアップフォルダ内にコピーすれば OK です。
    作成した BAT ファイルを、スタートアップフォルダ内にコピーする

    作成した BAT ファイルを、スタートアップフォルダ内にコピーする

    Windows 起動時に自動で BAT ファイル( =「SpeedyFox」による最適化処理)が実行されるようになり、自動で Chrome や Firefox が最適化されるようになります。

    スタートアップフォルダの場所が分からない場合は、エクスプローラのアドレスバー上に

      shell:startup

    と入力して「Enter」キーを押してください。

  7. ちなみに、BAT ファイル実行時にはコマンドプロンプトが立ち上がります。
    (最適化処理が終了すると、自動で消えます)
    BAT ファイルを実行すると、コマンドプロンプトが表示される

    BAT ファイルを実行すると、コマンドプロンプトが表示される

    コマンドプロンプトが毎回表示されるのが煩わしい場合は、BAT ファイル本体ではなく “ BAT ファイルのショートカットファイル ” をスタートアップフォルダ内にコピーするとよいでしょう。
    以下、その手順になります。

    1. まず最初に、BAT ファイルのショートカットを作成します。
      BAT ファイルのショートカットを作成する

      BAT ファイルのショートカットを作成する

    2. 作成したショートカットファイルを、スタートアップフォルダ内にコピーします。
      作成したショートカットを、スタートアップフォルダ内にコピーする

      作成したショートカットを、スタートアップフォルダ内にコピーする

    3. スタートアップフォルダ内にコピーされたショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
      ショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択

      ショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択

    4. 「プロパティ」画面が表示されます。

      「実行時の大きさ」を「最小化」にする

      あとは、「ショートカット」タブを開き、「実行時の大きさ」を「最小化」にすれば OK です。
      最適化処理の際に表示されるコマンドプロンプトが、最小化状態で立ち上がるようになります。
      コマンドプロンプトが、最小化状態で立ち上がる

      コマンドプロンプトが、最小化状態で立ち上がる



      尚、ショートカット元の BAT ファイルを他のフォルダ内に移したりリネームしたりした場合は、再度ショートカットを作成 → それをスタートアップフォルダ内にコピーしてください※2
      ※2 BAT ファイルのパスが変わってしまうと、ショートカットが無効になってしまうため。
Pocket

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です