Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/n7di1azuyng4/gigafree.org/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
スポンサーリンク

GIMP で使うことができるブラシ / ツールプリセット / 動的特性 の詰め合わせ 「The Gimp BrushBox」「The Gimp TextureBox」

画像編集

今日は、GIMP で使うことができるブラシ / ツールプリセット / 動的特性 の詰め合わせ「The Gimp BrushBox」と「The Gimp TextureBox」を紹介しようと思います。

「The Gimp BrushBox」「The Gimp TextureBox」は、GIMP 用のリソースを一つにまとめたツールセットです。

GIMP で使うことができる

  • ブラシ
    ブラシ

    ブラシ

  • ツールプリセット
    ツールプリセット

    ツールプリセット

  • 動的特性
    動的特性

    動的特性

  • グラデーション(「Rocket Fire」一種類のみ)
    グラデーション

    グラデーション

を一つにパックしたリソースセットで、GIMP 上で使用できる各種リソースを大幅に増やすことができます。

「The Gimp BrushBox」には 162 種類のブラシ、70 種類の動的特性、251 種類のツールプリセット、1 種類のグラデーション がパックされており、「The Gimp TextureBox」には、162 種類のブラシ、10 種類の動的特性、18 種類のツールプリセット がパックされています。

どちらも同じ作者によるもので、「The Gimp BrushBox」と「The Gimp TextureBox」のブラシには重複するものもありますが、「The Gimp TextureBox」にパックされているブラシは(ブラシパラメータの)「間隔」が 50 に設定されているため、“ 描く ” というよりは名前の通り “ テクスチャ塗りする ” 用途に向いています。

「The Gimp TextureBox」にパックされているブラシは、「間隔」が 50 に設定されている

「The Gimp TextureBox」にパックされているブラシは、「間隔」が 50 に設定されている

以前紹介した「GPS (gimp paint studio) 」と同じく、必要なアイテムのみを追加することができ、また要らなくなればいつでも削除することが可能となっています。
(もちろん、「GPS (gimp paint studio)」と併用することもできます)

普段、GIMP を使用している人におすすめです。

ダウンロード(The Gimp BrushBox)
ダウンロード(The Gimp TextureBox)

The Gimp BrushBox & The Gimp TextureBox をダウンロードする

  1. ダウンロード先のページ では、画面右側にある「 ↓ ダウンロード」というボタンをクリックします。
    「 ↓ ダウンロード」というボタンをクリックする

    「 ↓ ダウンロード」というボタンをクリックする

    「 ↓ ダウンロード」というボタンをクリックする

    「 ↓ ダウンロード」というボタンをクリックする

目次へ戻る

The Gimp BrushBox & The Gimp TextureBox をインストールする

    解凍 して出てきた

    • 「brushes」 - ブラシ
    • 「dynamics」 - 動的特性
    • 「gradients」 - グラデーション
    • 「tool-presets」 - ツールプリセット

    フォルダのうち、必要なものを

    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\GIMP\2.10

    内にコピーします。

    「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\GIMP\2.10」内にコピーする

    「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\GIMP\2.10」内にコピーする

    「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\GIMP\2.10」内にコピーする

    「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\GIMP\2.10」内にコピーする

    ポータブル版の GIMP を使用している場合は、各種フォルダを

    ~ \GIMPPortable\Data\.gimp

    内にコピーします。

    ポータブル版の GIMP を使用している場合は、「~ \GIMPPortable\Data\.gimp」内にコピーする

    ポータブル版の GIMP を使用している場合は、「~ \GIMPPortable\Data\.gimp」内にコピーする

    ポータブル版の GIMP を使用している場合は、「~ \GIMPPortable\Data\.gimp」内にコピーする

    ポータブル版の GIMP を使用している場合は、「~ \GIMPPortable\Data\.gimp」内にコピーする

目次へ戻る

The Gimp BrushBox & The Gimp TextureBox で追加したアイテムを使う

  1. 次回 GIMP 起動時から、追加された
    • ブラシ
    • ツールプリセット
    • 動的特性
    • グラデーション

    を利用できるようになっています。

    インストールしたアイテムを使用できるようになっている

    インストールしたアイテムを使用できるようになっている

    ちなみに、各ダイアログの上部にある「タグで検索」欄の右端にある V をクリックすることで、ダイアログ内に表示するアイテムをフィルタリングすることもできたりします。

    「タグで検索」欄の右端にある V をクリックする

    「タグで検索」欄の右端にある V をクリックする

    ダイアログ内に表示するアイテムを、フィルタリングすることもできる

    ダイアログ内に表示するアイテムを、フィルタリングすることもできる

    BB - Natural

    BB – Natural

    BB - Texture

    BB – Texture

    TEX_Set

    TEX_Set

    ツールプリセットのタグ一覧

    ツールプリセットのタグ一覧

    01_BASIC

    01_BASIC

    04_PAINT

    04_PAINT

    06_TEX

    06_TEX

    動的特性のタグ一覧

    動的特性のタグ一覧

    BB - Basic

    BB – Basic

    BB - Paint

    BB – Paint

    TEX_Set

    TEX_Set

    ハイライトされた項目名を再度クリックすると、フィルタリングを解除することができます。

    ハイライトされた項目名を再度クリックすると、フィルタリングを解除することができる

    ハイライトされた項目名を再度クリックすると、フィルタリングを解除することができる

  2. 尚、ドック 内に「ツールプリセット」「描画の動的特性」タブが表示されていない場合、画面左下、もしくは右上 / 右下 のドックの右上にある このタブの設定 をクリックし、「タブの追加」から「ツールプリセット」や「描画の動的特性」を選択しておいてください。
    (ツールプリセットや動的特性を使いたい場合のみ)
    「ツールプリセット」や「描画の動的特性」タブを追加する

    「ツールプリセット」や「描画の動的特性」タブを追加する

    「ツールプリセット」や「描画の動的特性」タブを追加する

    「ツールプリセット」や「描画の動的特性」タブを追加する

    「ツールプリセット」や「描画の動的特性」タブを追加する

    「ツールプリセット」や「描画の動的特性」タブを追加する

目次へ戻る

The Gimp BrushBox & The Gimp TextureBox をアンインストールする

  1. GIMP が起動中である場合は、終了させておきます。
  2. 追加したアイテムを一括して削除する… ということはできないので、不要なアイテムがある場合、リソースフォルダを開いてアイテム(「BB – 〇〇」フォルダなど)を個別に削除していきます。
    「BB - 〇〇」フォルダなどを削除する

    「BB – 〇〇」フォルダなどを削除する


    もちろん、「BB – 〇〇」フォルダを開き、中身のファイルを個別に削除しても OK です。
    中身のファイルを個別に削除しても OK

    中身のファイルを個別に削除しても OK

コメント