ネット上のファイルを、ダウンロードする前にウイルスチェックできるようにする Chrome 拡張機能「VTchromizer」

Pocket

今日は、ウェブ上のファイルを ” 保存する前 ” にウイルスチェックできるようにする Google Chrome 拡張機能「VTchromizer」を紹介しようと思います。

「VTchromizer」は、ネット上のファイルをダウンロードする前にウイルスチェックできるようにする Chrome 拡張機能です。

丁度「VTzilla(Firefox アドオン)」の Chrome 版とも言える拡張機能で、ウェブ上のファイルを右クリックメニューやツールバーボタンから手軽に「VirusTotal」でウイルスチェックできるようにしてくれます。

「VTzilla」に比べると機能はやや限定されていますが、

  • リンクの右クリックメニューから、リンク先のファイルを VirusTotal でウイルスチェック
  • ツールバーボタンから、指定したファイル(URL)をウイルスチェック
  • 現在表示しているページを、ツールバーボタンからウイルスチェック

できるようになるので、実用性は十分にあると思います。

普段、海外製のツールをダウンロードしたりする機会が多い人におすすめです。

尚、ファイルのリンクが直リンクになっていない場合※1、目的とするファイルを検査できないことがあります。
※1 リンク先が EXE や ZIP ではなく、HTML でリダイレクトされている場合など。
例) ファイルをダウンロード
リダイレクト先の URL(EXE や ZIP)ではなく、HTML ファイルがスキャン対象となってしまう。

ダウンロード

VTchromizer の使い方

  1. まず、「VTchromizer」をインストールします。
  2. 以降、
    • 検査したいファイルを右クリックし、「Check with VirusTotal」を選択する
      リンクを右クリックし、「Check with VirusTotal」を選択する

      リンクを右クリックし、「Check with VirusTotal」を選択する

    • ツールバーボタンをクリック → 下部のフォームに、検査したいファイルの URL を入力 → 「Go」ボタンを押す
      検査したいファイルの URL を貼り付けて「Go」ボタンを押す

      検査したいファイルの URL を貼り付けて「Go」ボタンを押す

    といった操作により、ウイルススキャンを行えるようになっています。
    現在表示中のページそのものを検査したい時は、ツールバーボタンをクリックして「Scan current site」を選択します。

    ツールバーボタンをクリックし、「Scan current site」を選択する

    ツールバーボタンをクリックし、「Scan current site」を選択する

  3. スキャン結果のページでは、上部にある「検出率」欄の数値を目安に安全性を判断するとよいでしょう。
    VirusTotal の検査結果ページ

    VirusTotal の検査結果ページ

Pocket

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です