スポンサーリンク

指定したウェブサイトを、Windows / Mac / Linux 向けのデスクトップアプリに変換してくれるオンラインサービス「Web2Desk」

Web2Desk プログラミング

今日は、特定のウェブサイトを元に、Windows / Mac / Linux 向けのデスクトップアプリを作成してくれるオンラインサービス「Web2Desk」を紹介しようと思います。



「Web2Desk」は、その名前の通り “ ウェブサイトを、デスクトップアプリに変換 ” してくれるオンラインサービスです。
(「Nativefier」を使用しているようです)

指定したウェブサイトを、Windows / Mac / Linux 向けのデスクトップアプリに一発変換してくれるオンラインサービスで、基本的にウェブサイトの URL を指定するだけで簡単に使えるところが最大の特徴。

使用にあたり、難しいプログラミングの知識等は一切不要で、

  • デスクトップアプリ化するウェブサイトの URL
  • 作成するデスクトップアプリの名前
  • アプリのアイコン(必要な場合のみ)

を指定するだけで使えるようになっています。

普段、何らかの理由で単独のアプリにしておきたいサイトがある場合や、開発中のウェブアプリをデスクトップアプリ化してみたい時… などに便利です。

尚、無料で使うことができますが、メールアドレスの入力が必要となるので注意してください。

Web2Desk の使い方

  1. Web2Desk」のページにアクセスします。
    Web2Desk

    Web2Desk

  2. まず、
    • Enter your website URL - デスクトップアプリ化するウェブサイトの URL
    • Enter your Apps Name※1 - 作成するデスクトップアプリの名前
    • Upload Icon - アプリのアイコン( PNG 形式のみ)
    • Use Default Icon※2 - デフォルトのアイコンを使う
    • Enter Email id - E メールアドレス

    を入力し、「Create Now」ボタンをクリックします。
    ※1 ここで入力した名前が、アプリのファイル名になる。
    日本語は文字化けする… というか、日本語の部分はカットされてしまうので注意。
    (全部日本語にすると、「APP」というファイル名になる)
    加えて、ファイルの「プロパティ」画面内にある「詳細」タブで、ファイルの説明と製品名が文字化けする。日本語の部分は文字化けする

    ※2 ウェブサイトにファビコンがある場合、「Use Default Icon」を押すと自動的にファビコンが登録される。
    ファビコンがない場合、「Web2Desk」(というか appmaker.xyz )のアイコンになる。

  3. ウェブサイトのデスクトップアプリ化処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  4. 少し待ち、各 OS の欄内に「Download Now」というボタンが表示されたら変換完了です。
    各 OS の欄内にある「Download Now」ボタンをクリックする

    各 OS の欄内にある「Download Now」ボタンをクリックする

    あとは、この「Download Now」ボタンをクリックし、ファイルをダウンロードすれば OK です。
    ダウンロードした ZIP ファイルを 解凍 すると、作成されたデスクトップアプリが中に入っています。
    デスクトップアプリが完成した

    デスクトップアプリが完成した

  5. ちなみに、デスクトップアプリの作成が完了すると、入力しておいたメールアドレスにもダウンロードリンクが送られてくるようになっています。
    入力しておいたメールアドレスにも、ダウンロードリンクが送られてくる。

    入力しておいたメールアドレスにも、ダウンロードリンクが送られてくる。

コメント

  1. 太っちょ より:

    これ、面白いけど、どんなメリットがあるのかしら?
    起動が早くなったりするのかな?せっかくのwebアプリデスクトップアプリにする利点がいまいち見えてこない…