非アクティブなタブを待機状態でスタートさせることで、Chrome を高速起動可能にする拡張機能「Native Lazy Tabs」

Pocket

今日は、非アクティブなタブを待機状態※1 にして Google Chrome を起動させられるようにする拡張機能「Native Lazy Tabs」を紹介しようと思います。
※1 読み込まれていない状態のこと。

「Native Lazy Tabs」は、Chrome 起動時にアクティブなタブのみが読み込まれるようにする拡張機能です。

Google Chrome では、「オプション>起動時」にて

  • 前回開いていたページを開く

ようにしていた場合、起動時に前回開いていたタブがそのままロードされるようになっています。

設定画面

設定画面

便利な機能ではありますが、前回開いていたタブの数が多い場合、起動時にシステムリソースを大量に消費してしまうため、動作が重くなったり起動に時間がかかったりしてしまいます。

こういった ” 大量のタブを開いていた時 ” の起動時の問題を解決してくれるのが「Native Lazy Tabs」です。

アクティブなタブ以外を待機状態にして Chrome を起動させることにより、メモリを無駄に消費することなく高速な起動を可能にしてくれます。

Chrome 標準では、開いていたすべてのタブが起動時にロードされる

Chrome 標準では、開いていたすべてのタブが起動時にロードされる

「Native Lazy Tabs」が有効な時は、アクティブなタブのみがロードされる

「Native Lazy Tabs」が有効な時は、アクティブなタブのみがロードされる

普段、Chrome 起動時の設定を「前回開いていたページを開く」にしていて、なおかつ大量のタブを開いたまま Chrome を閉じたりすることがよくある人におすすめです。

ダウンロード

尚、起動時の設定を「特定のページまたはページセットを開く」にしている場合、「Native Lazy Tabs」を使うとアクティブなタブ以外が空白のタブとして開かれてしまうので、この拡張機能は使わないでください。

Native Lazy Tabs の使い方

  1. Native Lazy Tabs」をインストールします。
  2. これで準備完了です。
    (オプション等はありません)
    次回から、起動時にアクティブなタブのみがロードされるようになります。

    非アクティブなタブが、待機状態でスタートする

    待機状態のタブを読み込みたい時は、単純に目的のタブをクリックすれば OK です。
Pocket

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です